新着情報

公開セミナー in English『Why we need Fukushima data』

福島第一原子力発電所事故により、環境に放出された放射線の測定データの必要性について、セミナーを開催いたします。

講師は、国際原子力機関(IAEA)の環境放出評価管理部門責任者であるGerhard Proehl先生です。

事前登録不要、参加無料です。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

タイトル:Why we need Fukushima data
日時:7月10日(月)9:30~10:30
会場:筑波大学総合研究棟A-110
事前登録:不要
参加費:無料
言語:英語(通訳なし)

一覧に戻る

TSUKUBA OCW 筑波大学オープンコースウェア

メンバー(ID、パスワードが必要になります)

産学官連携原子力人材育成ネットワーク

アイソトープ環境動態研究センター

生命環境科学研究科

筑波大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻