講義動画

どなたでも無料で聴講できるオンライン講義です。

集中講義:原子力災害環境影響評価論Ⅱ(2017)

福島第一原子力発電所事故後、日本原子力研究開発機構が行ってきた緊急時対応や復興事業、廃炉措置に関する動向を紹介する。

 

(1) 福島長期環境動態研究
(2) 福島第一原子力発電所の廃止措置に向けたロードマップ 原子炉内で何が起こったか、溶解燃料デブリの取り出しに向けた研究開発
(3) 福島第一事故時のロボットによる緊急時対応の事例と楢葉遠隔技術開発センターの紹介

原子力災害特別セミナー(2017)

IAEA、イギリスCenter for Ecology & Hydrologyから講師を招き、最先端の研究を交えた海外の原子力災害の実例や環境影響への評価法を学ぶ。

(1) Radiological protection of the environment
(2) Red fire, Chernobyl 31 years later

(5) The role of the IAEA
(6) Overview on the MODARIA II
(7) The influence of the season, ECOSYS
(8) Transfer of radionuclides
(10) Nuclear Accidents
(11) A comparison of remediation after the accidents

集中講義:原子力災害環境影響評価論Ⅲ(2017)

原子力災害後の農業、産業、生態系などへの包括的な影響と緊急時のモニタリング技術を理解する。

(1) 環境放射線モニタリング(平常時から緊急時まで)

公開セミナー『原発事故直後の科学者の活動』(2016)

原子力事故後の緊急行動指針や、放射能漏れに対する個人対策等に関する一般公開セミナー。

日時:2016年11月16日(水)15:00-16:30
講師:山内正敏氏(スウェーデン国立スペース物理研究所研究員)
内容:
・web 発信の強力さ
・専門の異なる研究者との交流の場のもうけ方
・海外の専門情報の紹介のしかた
・若手が動きにくい問題の解決法
・学会での働きかけ方
・長期モニターの必要性 ほか

原子力災害海外特別実習(2016)

ウクライナ(キエフ、チェルノブイリ)、オーストリア(IAEA)、イギリス(Dalton Cumbria Facility、リバプール大学)など、海外協力機関において実習し、高度な実践的能力と知識、現場理解力を養う。

集中講義:原子力災害環境影響評価論Ⅲ(2016)

原子力災害後の農業、産業、生態系などへの包括的な影響と緊急時のモニタリング技術を理解する。

(1) 河川流域における福島第一原発事故由来の放射性Csの動態

(2) 環境放射線モニタリング(平常時から緊急時まで)

(3) 低濃度の水中の放射性Csの測定手法とその標準化、除染の費用と効果、放射性Cs含有土壌の減容化技術

集中講義:原子力災害環境影響評価論Ⅱ(2016)

福島第一原子力発電所事故後、日本原子力研究開発機構が行ってきた緊急時対応や復興事業、廃炉措置に関する動向を紹介する。

(1) 高度化する無人モニタリング技術

(2) 防災研究への活用

原子力災害環境影響評価論Ⅰ(2016)

原子力災害により環境中に放出された放射性核種について、その拡散、沈着、移行過程と水・物質循環との関わりを理解する。

環境放射能動態解析論Ⅱ(2016)

環境放射能の観測・測定方法を実験・実習によって習得する。

原子力災害特別セミナー(2016)

IAEA、IRSN、ウクライナ気象研究所、リバプール大学、プリマス大学等から講師を招き、最先端の研究を交えた海外の原子力災害の実例や環境影響への評価法を学ぶ。(全4回)

(1) チェルノブイリ原子力発電所事故によるCs-137やその他放射性核種の河川・湖等における動態について
(2) 土壌における放射性物質の移行メカニズムについて
(3)-1 On the Evolution of Radioecology
(3)-2 The environmental effects from Chernobyl accident
(3)-3 Challenges and controversies of protecting the environment from ionizing radiation
(4)-1 Ukranian national radioactive waste management program
(4)-2 Radioactive waste characterization in Ukraine
(4)-3 Environmental radiation monitoring in Chernobyl exclusion zone

ENEPキックオフシンポジウム

世界の原子力事故の概要と、それによる生態系(海洋、河川)、近隣諸国への影響を紹介する。

(1) セラフィールド(イギリス)での放射線漏洩とその海洋環境影響について

(2) サベナリバー核施設(アメリカ)からの放射線漏洩と生態系環境影響(河川)について

(3) マヤック核施設(ロシア)からの放射線漏洩と環境影響(河川)について

(4)  チェルノブイリ原発事故による森林環境影響について

年別アーカイブ

TSUKUBA OCW 筑波大学オープンコースウェア

メンバー(ID、パスワードが必要になります)

産学官連携原子力人材育成ネットワーク

アイソトープ環境動態研究センター

生命環境科学研究科

筑波大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻